大人の女性にこそオススメ!「ワンデースパークリングカラー」 > エステ ツアー

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

エステ ツアー

大人の女性にこそオススメ!「ワンデースパークリングカラー」

View138

본문

レンズダイレクト様にご紹介いただいた

ワンデースパークリングカラー 」を試してみました。
お洒落手帖



お洒落手帖
左から「グレー」「ヘーゼル」「グリーン」です。



「レンズダイレクト」様は、コンタクトレンズ通販専門店。

レンズダイレクト様で取り扱いのある、このワンデースパークリングカラー は、
ワンデーカラーコンタクトレンズで、1箱30枚入りで2,980円。



人気モデルであるエリーローズさんとのコラボ商品で、
シーンに合わせてカラーを選べるように5色が発売されています。


お洒落手帖


レンズは非イオン性レンズで汚れに強い性質を持っています。



カラーコンタクトというと、ひと昔前に、一部の粗悪品があったことで

問題となった、色素のことが気になりますが・・・
ワンデースパークリングカラー は、色素がまぶたや角膜に直接触れない

「Wrap-In(ラップイン)構造」を採用しているので、品質的にも安心です。


早速、付ける前・付けた後の比較画像を・・・
お洒落手帖
これは「付ける前」。


グレー着用やじるし
お洒落手帖

ちょっと青っぽく写っているんですが、

実際は、もう少し、黒寄りのお色。

光が当たると、グレーが強調される感じ。

「ん?黒じゃないな~何色なんだろう?」と

思わず引き込まれるような色使い。

ヘーゼル着用やじるし
お洒落手帖

自分の瞳の色に、一番違いヘーゼル。

でも、いつもより明らかにインパクトは強くなります。

今の髪の毛の色との相性を考えると、

やっぱりこれが一番落ち着くかもハート


グリーン着用やじるし
お洒落手帖

グリーンなんて、今まで付けたことなかったんですが、

なんか急に外国の人になったような気分に 笑

でも、そんなに突飛な感じがなく、落ち着いた色合いのグリーンでした。



どのお色も派手すぎず、日常使いするにも抵抗のない、

さりげなく瞳の色をかえられる配色となっていました。

どの色も、カラーレンズとはいえ、派手な色じゃないんです。

暗めの発色の中に、それぞれの色のニュアンスが感じられる・・・

といった控えめ発色だから、大人の女性でも抵抗なく使える感じ。



こちらのカラーコンタクトレンズに関するニュース によると、

女性コンタクトユーザーのうち、カラーコンタクト未経験者の4割強が

「カラーコンタクトを試してみたい」と思っているそうな。


お洒落手帖

また、「どんなカラーコンタクトレンズを使いたいか」という問いには、

「安全・安心なもの」「自然な色のもの」「手入れが簡単なもの」と

いう答えが多かったみたい。



ワンデースパークリングカラー は、

「カラーコンタクトレンズに求められている条件」を

すべて満たしている、といえる商品ですね。



ちなみに、このレンズの製造元「株式会社 アイレ」さん、

私も毎日お世話になっている、ワンデータイプのコンタクトレンズを

製造されている会社です。



アイレさんのレンズは、すごく低価格なのに、使用感が凄く良くって

ここ数年、ずっとお世話になっていますよ。



カラーコンタクトレンズを使ってみたいけど、派手になりすぎないか?

安全かしら?と不安に思ってらっしゃる方にオススメです。




お洒落手帖

♪いつも応援クリックありがとうございます

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村

トラックバック&みんなのコーデチェックはコチラから


64181.gif

トラコミュ


今日のコーディネイト





prUxecvl_BHQHpPLA_2.gif

Comments

No comments.


Statistics

Today
158
Yesterday
291
Max
706
Total
239,700
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top