大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第33回のあらすじ「徳川の嫁」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第33回のあらすじ「徳川の嫁」

View237

본문

大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第33回のあらすじ「徳川の嫁」


江戸での暮らしが始まった江(上野樹里)は、
秀忠(向井理)との2人目の子を妊娠した。

「なんとしても嫡男を」

とうるさい大姥局(加賀まりこ)に対し、
江は「男の子を産んでみせます」と宣言してしまう。


一方、京や大坂では、秀吉亡き後の政局を巡り、
家臣たちが動き始めていた。


三成(萩原聖人)は、家康(北大路欣也)の野望を阻止すべく、
豊臣ゆかりの武将たちに協力を求めるが…。

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt
吉俣良/NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」オリジナル・サウンドトラック 其ノ弐gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

◆見所

石田三成が四面楚歌!?

周りの武将に協力を求めるも断られ、
官兵衛には「人の気持ちがわからぬ」と苦言を呈される三成。
そうこうする間に、周りは敵だらけになってしまい…。

石田三成とその子孫gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

侍女にクローズアップ!!

江戸に来てから、少しずつ変わっていく江の暮らし。
江だけでなく、侍女の衣裳にも、変化が!


◆石田三成の野望とプランとは?

豊臣秀吉を敬愛し、「刀狩り」や「太閤検地」など、
数々の主要政策を執行してきた豊臣政権のキーマンのひとり・石田三成。
頭脳明晰(めいせき)で職務に誠実な三成は、まさに“サラリーマンのかがみ”! 
と言いたいところですが、生真面目すぎるのがたまに傷。
【送料無料】石田三成野望!関ケ原

【送料無料】石田三成野望!関ケ原
価格:700円(税込、送料別)


有能な実務官僚でしたが、その一途な性格から福島正則、
加藤清正ら現場担当の同僚とは、非常に仲が悪かったようです。

そんな三成が、秀吉の死後に目指したもの、
それは、集団指導体制による政権運営です。


秀吉時代はトップダウンのワンマン経営でしたが、
跡を継いだ秀頼はわずか6歳。


秀頼に政治を行う能力はまだ備わっておらず、
秀吉時代と同様とはいきません。
 

そこで三成は、五大老と五奉行の多数決による政権運営を提案。
自ら積極的にリーダーシップを発揮し、
集団指導体制の確立に尽力しています。


実力ナンバーワンの徳川家康と
人望ナンバーワンの前田利家の勢力を均衡させてバランスを取りつつ、
自らを中心とする官僚機構を確立。


そして、秀頼が成人したあかつきには
円滑な政権移譲を行うというのが、三成の計画でした。
悲劇の智将石田三成 正義ゆえに汚名をきた男gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt
慶長4年(1599)閏3月3日、前田利家が病死。
三成ら政務官僚チームと家康、
そして、福島正則、加藤清正ら現場担当チームをとりなしてきた重鎮の死により、
かろうじて保たれてきた均衡が一気に崩壊。


翌4日、朝鮮出兵の論功行賞に不満を募らせていた
福島正則、加藤清正、黒田長政、細川忠興、浅野幸長、池田輝政、加藤嘉明の7将が、
三成を殺そうとして大坂の三成邸を襲撃。


家康のとりなしにより一命は取りとめたものの、
三成は居城・佐和山城への蟄居(ちっきょ)を命じられます。

悲劇の智将石田三成 正義ゆえに汚名をきた男gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

三成にとって、あまりにも痛すぎる政権内部からの離脱。
自らの人望のなさが招いた失敗とはいえ、同じく秀吉を敬愛し、
秀頼を思う同僚たちの愚行を、さぞや苦々しく思ったことでしょう。
このあと、政権運営は家康の専横を許し、
三成は佐和山城で復権のチャンスをうかがうことになります。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
216
Yesterday
389
Max
706
Total
329,480
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top