大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第34回のあらすじ「姫の十字架」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第34回のあらすじ「姫の十字架」

View278

본문

大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第34回のあらすじ「姫の十字架」


1600(慶長5)年、江戸城の江(上野樹里)は
2人の娘と平穏な日々を送っていたが、
上方では家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で不穏な動きが起こっていた。


家康は「秀頼への反逆」として上杉討伐を決定。
その間、大坂を留守にすることになるが、
それは三成を戦に誘い出すためだった。


秀忠(向井理)に話を聞いた江は、江戸に戻った家康に
「豊臣家と戦になるのは避けてほしい」と懇願する。


だが、家康は「討つのは上杉」ととぼけて見せ、
さらに秀忠に総大将を務めるよう命令する。


江は悩む秀忠に、
「あなたは戦に向いていない。いっそ武士をやめればいい」
と慰める。


だが、その言葉で気持ちが楽になった秀忠は、
逆に自らの宿命を受け入れる。
そんな折、大坂では三成が挙兵。


さらに、家康に従って上杉攻めに向かった大名の妻子を人質に取ろうと考える。
ガラシャ(ミムラ)も屋敷を取り囲まれるが、三成に屈することを拒む。
【送料無料】三成伝説

【送料無料】三成伝説
価格:1,995円(税込、送料別)



◆見所

ガラシャの覚悟がスゴイ!!
夫・忠興のため、三成の命に従うわけにはいかないガラシャ。
キリシタンである彼女が下した決断は…。
ガラシャの覚悟を感じる、壮絶な最期。


◆秀忠の仕事とは?

「関ヶ原の戦い」が起こった慶長5年(1600)。
豊臣秀吉の死後、畿内を離れて江戸城にいた徳川秀忠は、
運命の決戦の前からさまざまな重責を背負い、父・家康の期待に応えている。
【送料無料】豊臣VS徳川・戦国最終決戦

【送料無料】豊臣VS徳川・戦国最終決戦
価格:600円(税込、送料別)


1月25日、秀忠は江戸城にひとりの少年を迎える。
細川光千代(ほそかわ・みつちよ)。
細川忠興とガラシャの3男で、のちの豊前小倉2代領主・忠利。
晩年の剣豪・宮本武蔵を客人として迎えたことでも知られる人物。


光千代が江戸に来た理由は、もちろん『人質』。
これは、謀反の疑いをかけられた忠興が自主的に送ってきたもので、
同じように謀反の疑いをかけられた前田利長が、
母・芳春院(まつ)を江戸に送ってきたのと同じで、
諸大名による人質提出の先例に。


秀忠は、他家からの人質を預かるという重大な任務を帯びていたのです。
そしてその後、大坂城の家康のもとへ、
五大老のひとり・上杉景勝の動静にかかわる情報が
諸大名から届けられるようになると、
江戸城の秀忠を訪ねてひとりの男が現れます。
藤田信吉(ふじた・のぶよし)。
上杉景勝の重臣だった人物。
 

信吉は、主君・景勝に「家康と敵対しても勝ち目がない」とかん言していましたが、
家中の反感を買って排斥されそうになったため、
自ら出奔して秀忠のところ駆け込んできた。


3月23日、信吉に会い、上杉家の戦備の状況をつぶさに聞いた秀忠は、
すぐに大坂城にいる家康に伝えます。


そして、5月3日、上杉攻めが正式に決まると、
秀忠は領内の家臣に書状を送り、
上杉景勝の領地・会津へ向かう街道を封鎖するなど、
家康に代わり、戦の準備を進めます。


この時点で秀忠は、家康にとってなくてはならない存在となっていました。


上杉攻めの前に家康は、上杉景勝に対して非違八ヶ条を書き連ねた弾劾状をしたため、
上洛して弁明するように命じています。
しかし、上杉家はこれを拒否。
執政・直江兼続がのちに「直江状」と呼ばれる書状で家康の行動を非難し、
家康を怒らせたといわれています。
2009年の大河ドラマ「天地人」の名シーンのひとつ!!

大河ドラマ 天地人 あらすじ

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
215
Yesterday
389
Max
706
Total
329,479
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top