NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37回のあらすじ「千姫の婚礼」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37回のあらすじ「千姫の婚礼」

View120

본문

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37回のあらすじ「千姫の婚礼」


家康(北大路欣也)が征夷大将軍に任じられ、
淀(宮沢りえ)と大野治長(武田真治)は警戒を強める。


不安を覚える江(上野樹里)に、秀忠(向井理)は、
長女・千(芦田愛菜)の秀頼(武田勝斗)へ
のこし入れが決まったことを告げる。


憤る江は秀忠に「和平の証しである」と説得され、
婚儀に付き添うことを条件に、それを受け入れる。


身重の体をおして千に同行した江は、
大坂城で淀、そして初(水川あさみ)と久々の再会を果たす。


◆見所

まだ幼い娘・千を、政のために秀頼に嫁がせることになった江。
心配する母に「父と母の役に立ちたい…」と涙ながらに話す千。
その娘の思いに、江も涙があふれ…。

三姉妹が久しぶりの再会を果たす。
昔のようにはしゃいだり、笑ったり。
これが3人そろう最後の時となろうとは…。


◆江の娘・千姫の輿入れ

慶長8年(1603)7月28日、日本中が注目するビッグカップルが誕生。
新郎は、日本統一を成し遂げた元関白・豊臣秀吉の忘れ形見、秀頼11歳。
新婦は、征夷大将軍に任じられた徳川家康の孫で、江と秀忠の長女、千姫7歳。


現代日本では考えられない“ままごと”のような夫婦の誕生。
裏では、大人の事情が複雑に交錯。
今後の政権運営をめぐり、豊臣家と徳川家の間で巧妙な駆け引きが行われていました。
江の娘・千姫の輿入れについて解説。

慶長5年(1600)9月15日、「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍に勝利した家康。
しかし、これで家康が天下人になったわけではありません。
大坂城には、秀吉の遺児・秀頼がいまだに健在。
東軍として戦った武将の中にも、福島正則、加藤清正ら豊臣恩顧の実力派大名が多数おり、
家康は依然として「天下の家老」のひとりにすぎませんでした。

このとき、家康59歳、秀頼8歳。

秀頼の母・淀をはじめ豊臣方は、
『今は家康がわがもの顔に振る舞っているが、それもあと数年。秀頼が15、16歳になれば関白となり、再び豊臣政権として動き出す』
と考えていた。
慶長8年(1603)3月27日、淀のもとに衝撃的なニュースが!!
家康の“征夷大将軍”への就任。
豊臣方にとっては、まさに青天の霹靂(へきれき)。


家康が打ったしたたかな一手が「千姫の輿入れ」。
家康が愛孫・千姫を秀頼に嫁がせてきたことで一安心する淀。
豊臣方、特に淀の神経を逆なでせず、
将軍任官を認めさせるためには、必要不可欠な政略結婚。


千姫はわずか7歳。
母・江に付き添われて江戸城を出立し、5月15日に伏見城に入った千姫。
その後、大坂城で秀頼との婚儀が行われたのは、7月28日。


一説には、秀頼と千姫の結婚は秀吉の生前に決められていたといわれていますが、
詳細は不明。


家康は淀を安心させるため、「千姫の輿入れ」のほかにもう一手打っていました。
翌慶長9年(1604)に行われた「豊国社臨時祭」。
秀吉の七回忌にあたるこの年、家康と秀頼が施主となり、
8月14、15日の両日、京都で大々的に執行。


家康の巧妙な筋書きに、手のひらで踊らされる豊臣方。
家康の執念と恐ろしさに気づくのは、もう少し先のこと。

ステキな日曜日~Gyu Gyu グッデイ!~(初回限定盤)(DVD付)
ステキな日曜日~Gyu Gyu グッデイ!~(初回限定盤)(DVD付)
芦田愛菜

関連商品
「マルモのおきて」 DVD-BOX
マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)
愛菜と福、たまにムック。
マル・マル・モリ・モリ!
by G-Tools

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
46
Yesterday
277
Max
706
Total
298,558
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top