NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第44回のあらすじ「江戸城騒乱」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第44回のあらすじ「江戸城騒乱」

View302

본문

NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第44回のあらすじ!!
タイトル「江戸城騒乱」


大坂城陥落と淀(宮沢りえ)死去の報を聞き、
江(上野樹里)はショックで寝込んでしまう。


徳川方の勝利を喜び、うたげを開いて大騒ぎする
竹千代(水原光太)を江は叱り飛ばす。
だが、竹千代の乳母・福(富田靖子)は、
淀らを討つよう命じたのが秀忠(向井理)であることを江に告げる。


秀忠は伏見で武家諸法度を発布し、
名実ともに将軍・秀忠の時代が訪れる。


本多正純(中山麻聖)からの報告を受けた家康(北大路欣也)は、
息子の成長を感じ取り一安心する。


一方で、娘の千(忽那汐里)は父の行動を許せず、
江も夫への疑念を膨らませる。
その秀忠が江戸に戻って来る。


江の前で涙を流した秀忠は、天下太平のために血を流すのはこれで最後だと誓う。
それでも晴れない千の悲しみを癒やそうとする国松(松島海斗)の姿を見て、
江は頼もしく思う。


竹千代と江たちの間を取り持とうと、常高院(水川あさみ)は
親子で話し合う場を持つよう勧める。


だが、竹千代は秀忠の問い掛けにうまく答えることができず、
利発な国松がますます気に入られることになる。


◆見所

江と福の女の戦い!!

姉・淀を失い、悲しみに暮れる江。
それをよそに、福は竹千代と勝利の宴で大はしゃぎ。
あまりにも無神経な福に、江の平手が飛ぶ!

お江の方と春日局gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

どうしても竹千代を三代将軍としたい福。
またも家康へ直訴しますが、今度はうまくいかず。
次に目をつけたのは…。


◆秀忠による新たな幕政の始まり

家康が駿府城に戻るため二条城を出立するとき、
秀忠は側近を二条城に遣わし、別れのあいさつをさせていますが、
このとき、家康は秀忠の側近をそばに呼び、

「これまでは大小のことなく、将軍から意見を求められたが、これからは何事も将軍が決められよ。駿府にうかがいだてをする必要はない。江戸で決め、それを駿府に伝えてくれればそれでよい」

と伝えています。
この家康の言葉の中に、それまでの「駿府政権」と「江戸政権」の関係を
かいま見ることができますが、この言葉によって、
秀忠の将軍としての自立が始まったことがわかります。


そして、そのことを象徴しているのが、
「武家諸法度」

「禁中並公家諸法度」の発布。

【送料無料】江戸の御触書

【送料無料】江戸の御触書
価格:1,500円(税込、送料別)



慶長20年(1615)7月7日に発布された「武家諸法度」は、
家康が金地院崇伝に命じて起草させたものですが、
秀忠が伏見城に諸大名を集め、秀忠の名で発せられています。


これは幕府が大名の統制のために作成した基本法であり、
築城や婚姻、隣国での不審な行動の報告などに
関する十三か条が定められていました。


以後、将軍が代替わりするたびに発布。
そして同じく金地院崇伝が起草した「禁中並公家諸法度」は、
天皇や公家を統制するためのもの。


10日後の7月17日に二条城に公家たちを集め、
やはり秀忠の名で発せられています。
立て続けに発布された法度をはじめ、
「大坂の陣」以降の徳川幕府による一連の政策は、
「元和偃武(げんなえんぶ)」と呼ばれています。
偃武とは武具を治めることを意味し、平和をイメージさせる言葉。
しかし、これらの政策は大名や朝廷に対する幕府の厳しい統制の始まりにすぎず、
このあと秀忠は戦のない平和な世の中を築くため、
次々と新たな政策を断行していくことになります。


江~姫たちの戦国~ DVD 最安値はこちらgifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcpt

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
216
Yesterday
389
Max
706
Total
329,480
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top