NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第45回のあらすじ「息子よ」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第45回のあらすじ「息子よ」

View135

본문

NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第45回のあらすじ「息子よ」


竹千代(水原光太)の化粧事件は、徳川家中に大きな波紋を広げていた。


理由を答えない息子に戸惑い、怒りを覚える江(上野樹里)。
 

そんなぎくしゃくした親子のもとへ、
家康(北大路欣也)が倒れたとの知らせが届く。


江に送り出され見舞いに行く秀忠(向井理)だが、
久方ぶりの再会にも父と子の会話は弾まない。
 

そして江は、秀忠からの便りが来ないことに居ても立ってもいられず…。

★江 姫たちの戦国 田渕久美子 送料無料:楽天★


◆見所

家康、逝く

病に伏せる家康が、すれ違いばかりだった息子・秀忠に語る本音。
そこには、大御所・家康ではなく、父・家康の思いが。


化粧事件の真相は?

なぜ竹千代は化粧をしたのか。
ますます、息子の気持ちがわからなくなった江。
しかし、そこには竹千代の複雑な思いがあり…。



◆家康が託した平和への想い

元和2年(1616)4月17日、希代の英雄・徳川家康が享年75で波乱の生涯に幕を。
豊臣家の滅亡からわずか1年後のこと。
【送料無料】激動徳川家康

【送料無料】激動徳川家康
価格:550円(税込、送料別)



「大坂夏の陣」のあとは実権を息子・秀忠に完全に委譲し、
大好きな鷹(たか)狩りなどを楽しんでいた家康。
緊張の糸が切れたのか、食後に腹痛を訴えて投薬治療を受けるなど、
細心の注意を払ってきた健康面に衰えが見られるように。
元和2年(1616)4月2日、自らの死期が近いことを悟った家康は、
腹心の本多正信、南海坊天海、金地院崇伝の3人を枕もとに呼び、
死後の対応を指示す。


『本光国師日記』によるとその内容は、

●遺体は駿河・久能山に葬ること
●葬礼を江戸・増上寺で行うこと
●位牌を三河・大樹寺に置くこと
●一周忌ののちに下野日光山に小堂を建てて勧請すること

という4点。
「応仁の乱」以来、約150年続いた戦乱の世を治めた家康。
特に4つ目は、日光に祀(まつ)られることにより、
自ら関八州の鎮守となることを示そうとしたのではないでしょうか。


また『松永道斎聞書』という史料には、
このころの家康と秀忠に関わる興味深いエピソードが記されています。


向井理 ドラマ 2012  
NHK大河ドラマ 2012 平清盛 キャスト c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
52
Yesterday
277
Max
706
Total
298,564
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top