SBSドラマ『ボスを守れ』ジェジュンvs『シティハンター』イ・ミンホ > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

SBSドラマ『ボスを守れ』ジェジュンvs『シティハンター』イ・ミンホ

View368

본문

27日から31日まで韓国SBS NeTVのホームページで、「2011アデュー!NeTV Gorealra Awardsの主人公は?」
というテーマで投票が行われていて、『ボスを守れ』のジェジュンと『シティーハンター』のイ・ミンホが、首位を争っているそうです。

NATE(TVレポート)より引用します。

"ボス"JYJキム・ジェジュンvs"ハンター"イ・ミンホ、演技部門争奪戦"勝者は?"
[TVレポート=チェ・ミンジ記者]2011-12-29

グループJYJメンバーのジェジュンとイ・ミンホがドラマの演技部門をめぐり争奪戦を繰り広げている。


去る27日から31日までSBS NeTVのホームページでは、2011アデュー!NeTV Gorealra Awardsの主人公は?"というテーマで投票が行われている。


ドラマ"ボスを守れ"で、本部長チャ・ムウォン役で出演したキム・ジェジュンは10秒神、"シティーハンター"で、ハンター、イ・ユンソン役で出演したイ・ミンホは帽子のアクションで候補に上がった。

29日基準、キム・ジェジュンは47%の支持率を得て、わずかの差で1位に上がっている。この場面は10回に登場したものでノ・ウンソル(チェ・ガンヒ)を好きなチャ・ムウォンが彼女の目を見て、"10秒待って"と話す場面だ。チェ・ガンヒを通して自分で自分を癒すジェジュンの瞳が特に印象的だ。

46%の得票率を得て2位に上がったイ・ミンホの帽子のアクションは5回に登場した。ユンソン(イ・ミンホ)がギムナナ(ミニョン)の家に潜入した男との体当たりで相手の帽子を奪って自分の顔を隠して武術の実力を発揮する場面で、これは女性ファンの心をときめかせた。

投票終了までの3日が残っている状況で、どちらがドラマの演技の部分で1位になるかに関心が集中している。投票は1日5回、重複投票も可能だ。
記事はコチラ

SBS NeTVのホームページ(Gorealra Awards)は コチラ

31日に生放送される「SBS演技大賞」は、名作ドラマが多かったため、授賞候補の俳優や作品が多すぎて選考が難航している、という記事があがっています。
ジェジュンが出演した『ボスを守れ』もその一つですね。

Innolifeより一部引用します。
<『SBS演技大賞』の最も興味深いポイントは、大賞より最優秀賞や優秀賞での争いがさらに熾烈だという点。大賞は『根の深い木』で16年ぶりにドラマ復帰し、30%近い視聴率を出したハン・ソッキュの受賞が有力だといわわる中、最優秀賞と優秀賞で争う俳優の熾烈なプライド対決が繰り広げられているとのことだ。

『根の深い木』『ボスを守れ』『新妓生伝』『私の期限は49日』『シティーハンター』『武士 ペク・ドンス』『千日の約束』『マイダス(MIDAS)』『女の香り』『サイン』など数多くのドラマが好評を博した。SBSはドラマに出演した俳優すべてに賞を与えることもできず、視聴率1位という成果だけで決めることもできない。まさに幸せな悩みだ。

キム・ジェジュン、イム・スヒャン、ソンフン、ク・ハラ、チ・チャンウク、ハン・ヘリン、シン・ヒョンビンら、数多くの新人が活躍した新人賞部門では、それほど競争は激しくないよう。『SBS演技大賞』は毎年、新人賞の変わりにニュースター賞として、10人近くの新人俳優に新人賞を与えているからだ。>
記事はコチラ

ジェジュン、新人賞は取れるということでしょうか。
せっかくの年末授賞式、ジェジュンに『ボスを守れ』OST「守ってあげる」を歌ってほしいですね。
SBS演技大賞のHPはコチラ

そしてジェジュンが授賞式に出演できるようにと、SBSにメールやツイッターを送ろうという呼びかけがあります。
ツイッターは@ SBSNOW
メールは[email protected]
までだそうです。


Comments

No comments.


Statistics

Today
218
Yesterday
402
Max
706
Total
329,884
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top