■映画よりドラマティックな感動映画(?) > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

■映画よりドラマティックな感動映画(?)

View137

본문

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
『敵との同衾(적과의 동침)』(パク・コニョン監督)。「戦争やらねんだべが?」と方言で書いてある。



ちょっと変な記事タイトルだと思われるかと思います。


去年の韓国映画をずうっと振り返ってますが、去年の春に公開された作品『敵との同衾(적과의 동침)』(パク・コニョン監督)です。韓国語の原題は「同衾」ではなく「同寝」ですが、いわゆる生き残るために、敵と仲良く同じ布団で寝るような状況を意味する言葉ですよね。


テーマ的には、私が昨年最高の映画と感じた『高地戦』(2011)と同じく朝鮮戦争を描いた作品ですが、雰囲気は違って、歴史を題材にしたロマンティックでヒューマンなコメディとして展開していきます。昨日までの同国人が異なる思想によってまったくの敵と味方に分かれてしまった、という悲劇を面白おかしく表現しているかのようでもあります。


主演のキム・ジュヒョクとチョン・リョウォンさんの関係が、国と思想を超えて美しく、そしてユ・ヘジンさん、ピョン・ヒボンさんなど、本当に愛さざるを得ない村人たちが登場します。


【あらすじ】 朝鮮戦争が勃発して国中が大騒ぎになっているのに、ラジオの電波もよく届かないド田舎の石井里(京畿道平沢市)の村は平和そのもの。村長(ピョン・ヒボン扮)さん宅の孫娘、しっかり者のソルヒ(チョン・リョウォン扮)の婚礼準備で忙しい。


そこに突如として侵入してくる北の人民軍部隊。若いが留学経験もある、エリート将校のチョンウン(キム・ジュヒョク扮)が統率し、人民軍の村の支配は順調にみえる。彼らを熱烈に歓迎するチェチュン(ユ・ヘジン扮)、腕をまくりあげて協力するペク氏(キム・サンホ扮)、静かでやさしい村長、彼らの協力で武装解除する人民軍。しかしこれは全て村の安全を死守するための、住民たちの迅速で慇懃なロビー作戦だった…。


ずっとこんな感じのコメディなわけですが、ところが、これがラストで完全に豹変します。


限りなく悲しい現実。そして、それが決してドラマではないということを表す、実に卓越したトリックがこの映画のエンディング部分に仕掛けられているんです。それこそ、パク・コニョン監督の荒技だともいえます。



●事実は小説より奇なりだった!(ネタバレあり)


ここから先はけっこうタネ明かしにもなるので、まったく知りたくない方は読まないでください。


何かというと、この映画は、結末においてまったく違った映画になります。つまり、とてもシリアスな、暗く悲しい話になるわけです。


村の人々が「チョンウン」の言葉を信じれば惨事は起こりませんでした。でも現実というものは非情なもの。「ずいぶん現実的な話になっちゃったなあ」ということを感じさせながら、でもその彼らの悲運に泣きます。


ところが、映画が終わって、エンドロール中に、実際の当時の生き残りの人に対するリアルインタビュー映像が流れるのです。


そして、その言葉の内容に、誰もがもっと温かい涙を流してしまいます。


なぜか? そこで語られる現実のほうが、もっとドラマだったからなんです。映画も映画ですが、そこで語られる当時の話がもっと泣けるんです。


つまり、映画のほうが事実であったかのようなのに、事実のほうがドラマであったのだと、そこでクルッと入れ替わるのです。


だから、観た人にとっては、これ以上に感動的な事実はないんですね。o(T◇T)o


そのインタビューの内容をいいましょうか? この後は本当に知りたくない人はもっと読まないでください。


当時、その平沢の村を占領した北の人民軍は、皆、学生たちのようだったというのです。それで、村人たちを支配し、占領しながらも、お父さん、お母さんみたいな村人たちに対して、「ハラボジ・ドンム(おじいさんを意味する北朝鮮の言い回し)」「オモニ・ドンム(お母さん)」といいながら、ホントに申し訳ながって家を使っていたというわけです。


それで他の村ではいろいろ殺害もあったのに、そこの村では村長の家の客間などに住みながら、上からの殺害命令もあったはずなのに、結局、村人を害することなく、近くまで韓国軍が来たという事態になってから、村人たちを一箇所に集めておいてそのままいなくなり、そして、後から、彼らがどこどこで全員死んだという知らせだけが届いた、というわけです。


「そのようにして、家に共に住み、そして皆、かわいらしい学生たちだったのでかわいそうで…」といいながら、当時を振り返って語るおばあさんが泣いていました。


事実のほうがもっともっとドラマだったということですよね。それをあえてエンディングまでとっておいたわけです。(´ぅ_ ;`)



韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
恐ろしい人民軍が到着したけれど…。


韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
なぜか一人、村人に優しく誠実な将校。


韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
実は秘めた恋心が…。


韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!
まさに事実は小説より奇なり。


☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング

↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

Comments

No comments.


Statistics

Today
305
Yesterday
239
Max
706
Total
279,323
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top