男たちのドラマ、イチロー選手が日米通算4000安打達成!!! > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

男たちのドラマ、イチロー選手が日米通算4000安打達成!!!

View350

본문

b0007805_18104785.jpg
すでに日本でも報じられてますが、イチロー選手が日米通算4000安打!!! しかも3999安打で迎えた、注目の高まるヤンキース球場でのブルージェイズ戦の第一打席でサクッと達成。ベンチからチームメート達がでてきてハグやら何やらで大喜び。日本の野球界どころかメジャーリーグでも3人目の歴史的偉業。すごい。すご過ぎる。

野球に限らず、マリリン・モンローさん、ジョン・F・ケネディさん、アンディ・ウォーホールさん、マイケル・ジャクソンさんとか、日本で言えば、美空ひばりさんや石原裕次郎さん等など、その方が現役を退いたり亡くなられた後も、永遠に語り継がれる特別なスーパー・スターの方々がいらっしゃいますが、間違いなく、イチローさんもその一人になるでしょう。

また、この試合の対戦相手だったブルージェイズの2塁の守備には、なーんと、あの「彼が幸せなら、ボクらはみんな幸せです」の名言を残したイチロー選手を大・大・大好きな川崎選手がスタメンで入ってまして、敵チームなのに、イチロー選手の偉業を誰よりも祝福(密かに)!!! 

イチロー選手なら4000本安打くらい打つよ・・・と思っていたこちらの野球ファンやテレビの中継スタッフも、「まさかあそこにムネノリ(川崎選手のこと)がいるなんて!!!」と川崎選手の姿に改めて感動しているようです。
b0007805_18235097.jpg
川崎、イチとグータッチは「内緒です」 日刊スポーツ 8月22日
b0007805_1824021.jpg
感動のあまり今にも泣き出しそうな川崎選手
Your browser does not support iframes.4000安打の瞬間(ヤンキース公式映像)

◆追記、あのイチメーター(Ichimeter)のエイミーさんもスタンドで観戦されてました。
b0007805_771278.jpg
4000安打記念Tシャツ姿のエイミーさんとお嬢さん
Ichiro's 4,000th Hit on the IchiMeter

〔イチロー伝説関連過去ログ〕
・10年間の米国スポーツ界を代表するトップ・アスリートにイチロー選手![2008-03-19]
・祝、WBC日本決勝進出![2009-03-23]
・祝開幕戦4安打!!! イチローさん出演の全マリナーズCMまとめ[2012-03-30]
・速報、イチロー選手がヤンキースに電撃移籍!!![2012-07-24]
・シアトル・タイムズに掲載された川崎選手の名言、If he's happy, we're all happy[2012-07-26]
・ヤンキース・ショップに早くもイチロー選手グッズ登場[2012-07-27]
・イチロー選手がまた素晴らしい伝説を残しました(イチメーター・レディへのサプライズ・プレゼント)[2012-11-22]
・イチロー選手のお引越しが地元NYでニュースに[2013-05-09]
・黒田さん対ダルさん、でも最後にヒーローになったのはイチローさん[2013-06-27]

b0007805_1137979.gif歴史に残るワンシーン。川崎選手がいることでますますドラマティックになりました。本気で夢を追いかけ続ける男たちのドラマです。映画になってもぜんぜん不思議じゃありません。あと、これはもうヤンキース球場で活躍するイチロー選手の姿を生で見れる機会がある方は、絶対に見ておくべきですね。

※コメント欄にはログインが必要です。お手数をおかけしますが、ExciteホームでID登録しブログトップでブログを開設してからログインください。既に登録済みの方はそのままご利用頂けます。

「人気blogランキング」

Comments

No comments.


Statistics

Today
266
Yesterday
403
Max
706
Total
329,141
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top