韓国ドラマ 『人生画報』(인생화보) 9,10,11,12話 希望と野望 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

韓国ドラマ 『人生画報』(인생화보) 9,10,11,12話 希望と野望

View170

본문

[ソン・イルグク] ブログ村キーワード人生画報 あらすじとレビュー「인생화보」

ソン・イルグク 『人生画報』9,10,11,12話 希望と野望 DVD第3巻 

人生画報#9,10 4/18 (水) 19:15 ~ 20:15 #11,12 4/19 (木) 19:15 ~ 20:15 KBS World
婚約者がいるの
人生画報5,6,7,8話より続き
ヒョンシクの腹づもり
人生画報特別編http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-91.htmlもヨロシク❤


あらすじ
市場の小豆粥売りのおばあさんと孫のミンスと顔見知りになったジョンリム。店番を頼まれたジョンリムは、「代金は今度払う」と食い逃げしようとするお客を咎めるが、寛大な心で見逃してやるミンスとおばあさんに感心する。その間、お祖母さんはミンスが昔世話になった校長ヨンソクに小豆粥を持って挨拶にいくが、ヨンソクは周囲に事情を知られたくないばかりに複雑な表情で接する。お祖母さんが帰った後もヒョンシクに二度とおばあさんを会社にこさせないよう、孫のミンスに釘をさせと命じるのだった。
一方、面接に来たエリムを英語教師として雇いたいが給料を出せないヒョンウは、テント学校の資金援助を父ヨンソクに頼みに来るが、逆に会社の仕事を手伝えと言われ困惑してしまう。しかし、ヒョンシクが寛大にも援助を買って出る。もう一度給料の事でエリムと話し合う約束をしていたヒョンウは喜んで彼女を待つが、エリムは現れなかった。財布を盗んだことでヒョンシクに弱みを握られていたエリムは、ヒョンシクに呼び出されていたのだ。

A無銭飲食
無銭飲食の人ばっかり

A校長先生に小豆粥を
孫のミンスへのご恩は忘れません

Aエリムを雇いたい
学校に資金援助を

A変わり果てたヨンソク
変わり果てた父ヨンソク

立ち聞き
私、邪魔者なんだ

洋品店でヒョンシクの選んだワンピースを着せられ、何の説明もなく米軍基地まで連れて行かれたエリムは不安になる。しかし、米軍基地で地位のあるアメリカ人中尉マイケルに紹介され、流暢な英語を話すエリムは秘書として採用されることが決まり、自分を就職させてくれた事をヒョンシクに感謝し礼を言うのだった。
一方、ヒョンウの家で彼の両親の会話を立ち聞きしてしまったジョンリムは、自分は邪魔者なのだと悟り、家を飛び出してしまう。
行くあてがなくミンスのお祖母さんの家に転がり込んだジョンリムは小豆粥の店を手伝うと言うが、ミンスは反対をする。翌日、ミンスから話を聞いてお祖母さんの店にジョンリムを訪ねたヒョンウは昨晩無断で帰らなかったことを責め、店で働くことにも反対するが、ジョンリムは本当の理由を言わず「もう子供じゃじゃいんだから」と頑固に聞き入れない。
ジョンリムを連れて帰ろうとするヒョンウにおばあさんは、同情をし過ぎるのは良くないと話す。

米軍へ
米軍へ!?

アメ公なんかに売らねーよ

Mr.Sin didn't tell  me that you're so pretty!
Mr.Sin didn't tell me that you're so pretty!

いいかげんなヒョンシク
ワケワカメだが、ま、これさえ言えればOKさ

I need secretary who can speak English・・・
Ineed a secretary...can you type?

Yes,Ican type 200 words a minuets. 
タイプ一分に200文字できます
え!?話せんのかよ

母さんも英語うまいんだぜ
~♪

エリムの就職が決まったイ家は喜びにわくが、父親のチドは全く働く気がないどころか、母のなけなしの金まで奪い取って飲み代にしてしまう。そんな内情も知らずに、以前はチドがソウル一の醸造所の社長だったことをかぎつけたヤクザの小頭ダロは、チドに目をつけ金を引き出そうと気前よく接待する。そんな情けないチドを嘆きつつ、娘にだけ家計の苦労を負わせられないと、エリムの母は同じ敷地に住んでいる家主の行商を見よう見まねで手伝い始めるのだった。

Cジョンリムに甘いおばあさん
ジョンリムを受け入れてくれるおばあさん

C怒ると怖いヒョンウ
怒ると怖いヒョンウ

C飲み代よこせ
お父さん最低

Cキレたムンチョル
キレたムンチョル

Cイ・チドに目をつけたダロ
イ・チドに狙いをつけたダロ

Cおかあさん違法品の商売を
お母さんとうとう闇物資の行商を・・・


あくる日、エリムが仕事を終え米軍を出ると、車でヒョンシクが待ち構えている。
アメリカ駐留軍の横流し品をなんとか入手したいヒョンシクは、米軍基地で力のあるアメリカ人中尉マイケルをもてなす接待に同席しろとエリムに命じる言が、エリムは怒りをあらわにし「私には婚約者がいる」と、きっぱりと断る。しかしヒョンシクの財布を盗んだことを指摘され、結局は仕方なくついて行くのだった。

米軍を訪ねてきたヒョンシク
おう

これが目的で?
これが目的だったのね

マイケルとイヤイヤ踊るエリム
マイケルとイヤイヤ踊るエリムだが・・・
泣きながら中尉と踊るエリム




<人生画報のこんなところが好き!>

ナレーション:こうして明日を待ちます。
昨日もそうでした。
一日分の絶望が増えただけにすぎません。
それでも期待をふくらませ明日を待つしかありません。
祖父に会えないという想像は全くしません・・・なぜならそれは
希望がないということを認めることになるからです・・・
おじいさんがお金を持ってきてくれるのを待つんだ

古臭いナレーションと文学的な表現がどこか懐かしくて、すごく好き。



インタビューで、人生画報についての想いを、イルグクさんは感慨深げに語っておられます。
イルグクさんがスターとなるステップとして大ブレイクした作品は『愛情の条件』『海神』と言われていますが、この『人生画報』は、無名だったイルグクさんが、俳優として芽を出し、世に認められた思い出深い作品といえます。『人生画報』でイルグクさんは、その年度のTV部門で新人賞を受賞されています。

人生画法のインタビュー2

インタビュー1:ソン・イルグク「 まだまだこれから。努力するだけ」

―  これまでさまざまな作品に出演していますが、ご自身で転機となったと言える作品は何でしょうか。


 「新人賞もいただいた『人生画報』ですね。この作品で、演技というのはこういうものなんだと目からうろこが落ちたようでした。この作品からは、俳優としてなんとかやっていけるかなと思いましたし、ソン・イルグクという名を高めてくれました。それまでにはたくさんの短編ドラマをやりましたが、それはもう言わないほうがいいですね(笑)」


― 『人生画報』は219話という大変な話数でしたが、体調の維持や苦労した点はありますか。


 「そのころはまだ新人でしたので、言われるがまま無我夢中でやりました。撮影は楽しかったので辛いことなど何もありませんでした。朝のドラマの視聴率は10%を超えれば良い方ですが、このドラマは20%を越えていました。私の長いファンはこの作品からずっと応援してくれています」


― 今や国民的大スターとなり、もちろん良いことはいろいろあると思いますが、人気者になって逆に困ったことなどはありますか。


 「母が女優だったので俳優がどういうものかを昔から知っていますので、俳優に私生活がないのもわかっています。それを特に不自由だと感じることはなく、良いと思うことの方が全然多いです」


結婚指輪の光るイルさま(中)
なにげに結婚指輪がキラリ


☆☆いつも謙虚で、前向きなイルグクさん。ご結婚されて、一層の深みと落ち着いた大人の男性の香りを漂わせていらっしゃるような・・・人生画報の、はじけるようにエネルギッシュなヒョンシクも素敵だけど、渋みを増した今のイルグクさんも、どちらも素敵。お爺さんになってもずっとずっと応援したいイルグクさんですね。(*^ω^*) ☆☆




美雨


13,14,15,16話http://yonipo.blog13.fc2.com/blog-entry-107.htmlに続く


★このランキングに参加しています。更新の励みになるので押して下さると嬉しいです★
(>ω<)ポチに感謝デス♪
a_03.gifにほんブログ村 歴史ブログ 世界史へにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ人気ブログランキングへ

SONG ILKOOK ソン・イルグクさん 송일국,宋一国,SongIlKook 
韓国ドラマ ヒョンシク ヒョンウ エリム イ・チド
フエラムネ コリス製菓 チュモン チュモン唇 かるがも父さん
人生画報あらすじ 人生画報感想 人生画報レビュー 



original date 2010.04.01

Comments

No comments.


Statistics

Today
305
Yesterday
239
Max
706
Total
279,323
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top