NHK大河ドラマ 2011 江の第16回のあらすじ「関白 秀吉」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

NHK大河ドラマ 2011 江の第16回のあらすじ「関白 秀吉」

View227

본문

NHK大河ドラマ 2011 江の第16回のあらすじ!!
タイトル「関白 秀吉」

戦国武将誰も知らない苦労話

秀吉(岸谷五朗)の母・なか(奈良岡朋子)が
娘のとも(阿知波悟美)や旭(広岡由里子)らを従えて大坂城に現れる。


江(上野樹里)は、なかとの再会を喜ぶが、
その席で秀吉は将軍になると宣言。


皆はあきれるが、本人は真剣だった。


早速、秀吉は足利義昭(和泉元彌)に自分を養子にするよう頼みこむ。
しかし、即座に決裂。


それでも諦めない秀吉は、帝の次に偉い関白を目指すと宣言し…。

写真でみる豊臣秀吉の生涯


◆見所
秀吉の母・なか、姉・とも、妹の旭夫妻が大坂城に参上! 
ひときわにぎやかな家族にあの秀吉もタジタジ!?


初回の放送以来の登場となる足利義昭。
演じる和泉元彌さんが「個性豊かに楽しくできた」と語るように、
喜怒哀楽全開の義昭をお楽しめますね。


大坂城でまたも懐かしい顔を発見!
江が再会を喜ぶそのお相手は…細川たま。
幽閉され、一度は死を覚悟したというたまを救ったものとは?


◆秀吉の成り上がり伝説
農民から天下人へ。
織田信長の死後、数多くの合戦を通じて天下統一へとまい進する羽柴秀吉。
そんな秀吉のコンプレックスとなっているのが、出自の低さ。


ノンキャリアの農民出身ということで、信長の家臣時代には、
キャリア組の古参の重臣たちにバカにされることもありました。


そこで秀吉が、自らの権威を高めるために使った手段が「改姓」。
信長に取り立てられて以降、変更することなんと5回。


今回は、そんな秀吉の改姓について。

信長に仕えたあと、木下家出身のおねと結婚して木下を名乗った秀吉。
天正元年(1573)に江たち三姉妹の父・浅井長政を討って長浜城の城主となると、
信長の重臣・丹羽長秀、柴田勝家から一字ずつをもらい受け、
羽柴と姓を変えます。
そして、天正10年(1582)に「本能寺の変」が起こると、
信長の家臣として平姓を名乗り、従五位下、従四位下、参議と
トントン拍子に朝廷での官職を高めていきます。

武家の棟りょうたる征夷大将軍になるには、源氏出身であることが慣例。
平姓のままでは、将軍にはなれません。
困った秀吉はずうずうしくも足利義昭に猶子(ゆうし)の縁組を頼みますが、
あっさり断られてしまう。

そこで秀吉は、伝統的な公家社会での地位を高める方針にあっさり変更。
将軍ではなく、天皇を補佐する公家の最高官位のひとつ・関白を目指す。
逆境にもめげず、次へ向かって突き進む行動力は、さすがは秀吉です。

豊臣秀吉の謎と真実

この関白という官位ですが、将軍と同様、藤原氏以外はなれないという慣例が。
秀吉は、五摂家のひとつである近衛家の当主・龍山に取り入って猶子となり、
藤原氏に改姓。
天正13年(1585)7月に念願かなって関白に、
そして、翌年12月には太政大臣に就任。
武家出身者としては極めて異例の昇進。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
215
Yesterday
389
Max
706
Total
329,479
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top