NHK大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第23回のあらすじ「人質秀忠」 > 韓国ドラマ

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

韓国ドラマ

NHK大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第23回のあらすじ「人質秀忠」

View254

본문

NHK大河ドラマ 2011 江~姫たちの戦国~の第23回のあらすじ「人質秀忠」


秀吉(岸谷五朗)の妹・旭(広岡由里子)が病に倒れる。
見舞いに駆けつけた江(上野樹里)は、
豊臣家の人質となった家康(北大路欣也)の子・竹千代(向井理)と初めて出会う。


しかし、すべてに冷めた皮肉屋で、江とぶつかり、
2人の初対面はケンカ別れとなってしまう。

徳川秀忠の妻gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

秀吉は徳川家に恩を売ろうと、
悲しみに沈む母・大政所(奈良岡朋子)の手で
竹千代を元服させ、「秀忠」と名乗らせる。
母を政治に使う秀吉に怒る江だが、秀忠の態度は…。


一方、三成(萩原聖人)は利休(石坂浩二)の排除に動き、
利休と秀吉(岸谷五朗)の間に溝が生じていく。


やがて秀吉は関東の北条家を攻め、
ついに天下統一を果たす。


しかし、天下人として慢心する秀吉に、
利休だけは服従しようとはしなかった…。



◆天下統一へ 小田原攻め
難攻不落と思われた淀(茶々)を口説き落とし、
妻に迎えることに成功した豊臣秀吉。
淀との間に待望の嫡男・鶴松も誕生し、私生活は順風満帆。
幸せな日々を満喫していた!?

★小田原攻め★gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcpt

関東の雄・北条氏は上洛を拒み、
東北では20代の若き実力派大名・伊達政宗が台頭。


特に北条氏は、当主・氏直が徳川家康の娘婿で、
その領地は家康をしのぐ240万石と、秀吉にとって脅威の存在。
家康と氏直が手を組み反攻すれば、大きな犠牲を伴うことは確実。


北条氏のミスにつけ込み大規模な軍事作戦を展開。
天正18年(1590)に起こった「小田原攻め」。
関白就任後に「惣無事令」を発令し、
全国の諸大名に私戦を禁じていた秀吉。


天正17年(1589)10月、北条氏がこれに違反。
氏直の叔父にあたる北条氏邦の家臣・猪俣邦憲が、
勝手に真田氏の守る名胡桃(なぐるみ)城を襲撃し、
城を奪い取ってしまった。


真田氏との間に領地問題を抱えていた北条氏。
猪俣本人は手柄を立てたつもりだったが、
この愚行が秀吉の逆鱗(げきりん)に触れ、北条氏は窮地に。


北条氏に服従の意思はないと判断した秀吉は、
家康らと軍議を開いて20万を超える大軍勢の派遣を決定。
天正18年2月に北条氏の本拠・小田原に向けて進軍を開始すると、
途中にある山中城をいとも簡単に攻略し、
4月には小田原城を完全に包囲。


対する北条軍は5万6千。
ここで秀吉がとった作戦は、得意の兵糧攻め。


全国屈指の堅城として知られる小田原城。
秀吉は強引な力攻めは行わず、周りの支城攻略を進めながら、
小田原城の西に位置する笠懸山にひそかに城を築く、いわゆる石垣山城。


6月26日に城が完成すると、城を隠していた樹木を一斉に伐採。
一夜にして城を出現させる手の込んだ仕掛けで、
籠城する北条軍の戦意喪失を誘いました。秀吉らしいド派手な演出。


3か月にわたり耐え忍んだ北条軍でしたが、7月5日についに屈服。
北条早雲以来、5代100年に渡って関東に君臨した北条氏は滅亡し、
この時点で秀吉の天下統一が実質的に完了。

日本名城紀行DVD BOOK 東日本編 (宝島MOOK)
日本名城紀行DVD BOOK 東日本編 (宝島MOOK)

関連商品
日本名城紀行DVD BOOK 西日本編 (宝島MOOK)
天守再現! これが江戸城だ! (別冊宝島) (別冊宝島 1758 スタディー)
旅の手帖 2011年 05月号 [雑誌]
廃城をゆく 2 (イカロス・ムック)
日本の名城 ― 鳥瞰イラストでよみがえる ―
by G-Tools

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3322548&name

Comments

No comments.


Statistics

Today
259
Yesterday
403
Max
706
Total
329,134
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top