東方神起 - 少女時代 - KARA…東京ドームを揺らす > Tokyo

Contents

韓国観光、エステ, ドラマロケ地ツアー、ソウルシティーツアー、 韓国テーマ旅行専門旅行社・ソウルツアー, 韓国人気スター KPOP



 

 

韓国旅行。ソウル・釜山などのホテル、エステ、現地ツアーの格安予約。グルメ・ショッピング・観光スポットのおすすめ情報。韓国, コリア

Tokyo

東方神起 - 少女時代 - KARA…東京ドームを揺らす

View125

본문

昨日の『K-POP FESTIVAL ‐MUSIC BANK in TOKYO‐』盛り上がったようですね。

韓国記事を引用します。

東方神起 - 少女時代 - カラ、"ミュージックバンクK - POPフェスティバル"東京ドーム揺すった
[TVデイリー=パク・ミリョン記者] 2011年07月14日(木)

去る13日、人気K - POPの歌手が一堂に集まったライブイベント"K - POP FESTIVAL - MUSIC BANK in TOKYO"が4万5000人の観客を動員した中で、日本の東京ドームで成功裏に開催された。

今回 RaNia、X - 5などの15チームが出演して、圧倒的なパフォーマンスで東京ドームを揺らした。

カラがトップバッターで登場し、"ミスター"などの曲を熱唱し可愛いヒップダンスでオープニングを華やかに飾った。

少女時代が登場すると会場は、ピンクのペンライトで装飾され、少女時代の熱い人気を誇った。
メンバー、スヨンは"東京ドームをペンライトで満たしてくれて、とてもきれいだ"と感激した。

2PMチャンソンは"広い東京ドームで、来年のコンサートを開催できるように努力する"と、抱負を明らかにし、客席の期待の歓声が大きくなった。

最後に、東方神起が"Rising Sun"など3曲を熱唱し、最後の舞台を飾って会場の熱気が精一杯の上昇となった。

2年ぶりに上がる東京ドームの舞台にユンホは"東京ドームは本当に久しぶりだ。歌手としてだけでなく、みなさんと一つになることができてうれしい"と叫んで会場の観客たちの熱狂が頂点に達した。

一方、今回の公演は、日本のTVのチャンネルを介して8月25日に放送され、28日には3Dで放送される予定だ。
記事はコチラ(翻訳機+意訳)

チャンミンが右手首に包帯を巻いた空港写真があがっていて心配していましたが、力強いパフォーマンスだったようですね。

YAHOO!KOREA(NEWSEN)に、
<所属事務所SMエンターテイメントによると、チェガン・チャンミンは、最近ダンスの練習に邁進して右手首に狂いが生じて負傷した。これにより、現在半分ギプスをして、手首を保護している状態だ。所属社側は"チェガン・チャンミンは、手首を軽く捻挫した。安定的に保護するには、半分ギプスするのが良いという医師の所見に基づいて、半分ギプスした状態"と言いながら"振付を消化できないほどではない。ステージは予定通りに上がる"と明らかにした。>
とありました。
写真がでています。
記事はコチラ


チャンミンのケガは珍しいような気がしますが、練習やスケジュールが厳しいせいか、K-POPグループの彼ら、彼女たちのケガが目立ちます。
十分気を付けてほしいです。

*関連記事
少女時代、人気K-POP14組とドームイベント出演 「感動しました」
新韓流ブーム到来!? “トロット王子”熱唱に東京ドーム4万5000人大合唱

*動画リンク
ありがとうございます。
110714 MUSIC BANK IN TOKYO뉴스 영상
110714 MUSIC BANK IN TOKYO뉴스 영상 2
110713 TVXQ! 東方神起 【MUSIC BANK TOKYO 】1
110713 TVXQ! 東方神起 【MUSIC BANK TOKYO 】2
110713 TVXQ! 東方神起 【MUSIC BANK TOKYO 】3

*少女時代が日本で初のフルアルバム「Girls’ Generation」をリリースしてから1カ月で50万枚を超える売上を記録し、日本レコード協会から“ダブルプラチナ”を認定されたそうです。
すごいですね、おめでとうございます。



 




Comments

No comments.


Statistics

Today
351
Yesterday
353
Max
706
Total
299,216
【ソウル】初めてのソウル観光必須コース(1泊2日) 地下鉄で行くソウルの旅

ブログ記事収集プログラムにより自動的に収集されたブログです。全ての記事に対する著作権は該当作成者にあり、表示を望まれない場合、メールでご連絡いただければすぐに削除させていただきます。

Visit Korea 韓国旅行情報 韩国旅游 韓國旅遊 ソウル市観光公式サイト Go Top